エアコン工事ナビ トップへ

エアコン標準取り付け工事について

エアコン取り付けの標準的な内容や注意点など。
標準工事に当てはまらない内容は、お問合せやお申し込みの際にご確認下さい。
エアコン工事はマンション・アパート・一戸建など住居用の工事となります。
標準取り付け工事について
 
室内機・室外機共に同一階に設置、配管が4m以内で室外機を床置きする場合が、標準工事になります。

標準取り付け工事
@既に壁に穴があいている状態 A配管4mまで
※木造穴あけは別途\2,000。

※コンクリートの穴あけは行っておりません。
※コンクリートの穴あけが必要な場合は、建物の施工業者か管理会社にご確認下さい。

※外壁にタイルが貼られている場合は、素材により別途費用がかかる場合がございます。
  ※隠蔽配管(壁内にホース類を埋め込む)の施工及び、取り付けは行っておりません。
B室外機置台
※予め設置してある金具を利用する場合は、
別途作業工賃がかかります。
  (A・Bは新品設置の場合のみ)

設置について
室外機の設置場所 室内機の設置場所


室外機の後方・左右に5cm以上、前方に25cm以上の余裕があり水平に設置できる場所が必要です。
また、風通しが良く直射日光が当たりにくい場所が効果的です。安全な作業スペースの確保が出来ない場所では別途費用または取り付けできない場合がございます。
 

室内機の上部・左右に5cm以上の余裕が必要です。
また、取り付け面がコンクリートなどの場合は取り付け用のアンカーボルトが必要です。真下に大きなタンスなどがあると取り付けが難しくエアコン本来の能力も発揮できません。
すぐ近くに専用のコンセントが無い場合は、専用回路の増設が必要です。
賃貸や集合住宅での取り付け
配管用の穴が開いていない場合や、室外機を共用部分に設置する場合は、事前に管理会社に許可を頂いて下さい。    
その他・注意点
電源について 200Vエアコンについて
エアコンは消費電力が大きい為、専用の回路(コンセント)が必要です。
また、タコ足配線ではご使用できませんのでご確認下さい。
  ご家庭のブレーカーまで200Vが来ていない場合は、200V用のエアコンは使用できません。管理会社もしくはご利用の電力会社へご連絡の上ご相談下さい。
隠蔽配管について 新品のエアコンについて
隠蔽配管(天井裏や壁内にホース類を埋設)につきましては、施工・取り付け共に行っておりません。
また、換気機能など給排気機能付きのエアコンは取り付けできない場合がございますので、ご注意下さい。
  製品には室内機・室外機とリモコンなどの付属品のみで、配管などのホース類や置台は付属しておりません。
また、給排気機能付きのエアコンは標準的な長さの換気ホースが付属しますが、延長になる場合は対応するホースを別途手配後の施工になります。

※工事当日、追加工事・工料が発生する場合がございます。
詳しくは、ネット工事価格表をご覧ください。